[日常生活と腰痛]朝起きると腰が痛いのはエアコンのせいなの?

最近、朝起きると腰が痛いんだけど…

2018年の夏は恐ろしい事態になっています。35度超えは当たり前でついに東京でも初めて気温40度をマークしてしまいました。その他の地域でも40度目前が平均値となっていて、まさに「命の危険を感じる暑さ」となってしまっているのです。さらに質が悪いのは湿度ですね。この季節の日本の湿度は高く、それが故に蒸し暑さを感じます。高温多湿の状況であれば大量の汗をかきますし、特に今年の夏はちょっと歩いただけで全身がびしょびしょになってしまう有様です。これがあと2-3ヶ月も続くと思うと憂鬱ですね。8月に入ったらもう少しカラッとするのでしょうか?

さて、腰痛のお話です。梅雨が明けて灼熱地獄がやってくると同時に、あれだけ状態の良かった腰に違和感を感じるようになりました。といっても患部が「ピキッ!」と痛むようなものではなく、腰全体が「ジーン」と痛むような類です。長時間立っている時と同じような症状ですね。これが立っているときではなく、寝ている時に起こるようになりました。正しくは朝起きた時に腰に「ジーン」とした痛みを感じます。そしてこの違和感・痛みが生じるのは朝だけなのです。朝起きて痛んだとしても、着替えて電車に乗って会社に着く頃には全く痛みが消えています。帰宅する頃には「あーそう言えば朝腰が痛かったな」ってな感じです。これで治まると思いきや、翌朝にまた同じ違和感・痛みを感じます。この「朝起きただけ腰が痛い」という状況がかれこれ2週間ほど続いているのです。

エアコンが腰痛と関係あるんじゃないか設

この間、ベッドや枕を変えてはいません。極端に悪い姿勢や寝相で寝ているとも思えません。2週間前までと寝ている時の環境は変化していないと思われます。ではなぜ急に朝起きた時に腰が痛いという状況が続くようになったのでしょうか?ここで仮設を立ててみます。2週間前というと、ちょうど暑くなり始めた時期と重なります。このうだるような暑さの中でまさか眠れるわけがありませんので、睡眠中の熱中症対策としてもエアコンをつけて眠るようにしていました。・・・これじゃね?夜エアコンをつけていることが腰痛を引き起こしている原因なのではないかと仮説立ててみました。エアコンのつけっ放しは体に悪い、とも言いますし…。気になって逆に眠れなくなりそうなので調べてみました。

本当にエアコンで腰が痛くなるの??

  • 血行が悪くなりその疲労が腰にたまる
  • 自律神経が乱れることが原因
  • 汗をかかないようにと体を動かさなくなるから

冷房と体の痛みで調べてみるとけっこういろいろなサイトがヒットしました。その中で代表的なものをあげてみました。私の場合、寝て起きての時に症状が出ますので、3つ目は該当しないかなと。そもそも寝ている時には体を動かしませんし、2週間前まではそれでも平気でしたし。となると血行や自律神経の問題と考えられますが、これはいわゆる「クーラー病」の症状のようですね。根本原因は体の冷えでそれで血行が悪くなって体の状態が悪くなるというもののようです。でも昨年までもエアコンはつけていたし、会社でも電車の中でも冷房はついているんだよなあ。

エアコンで冷えすぎるとクーラー病になるのかも!?

ただ、思い当たることが一つだけ。我が家の場合、夜中はリビングのエアコンをつけていて、寝室のドアを開けておくことで、2部屋が冷えるようにしています。寝室にもエアコンはついているのですが、これだと冷えすぎてしまい特に女性である嫁さんは耐えられないというのが理由です。そして、我が家では毎朝嫁さんと子供が先に目を覚まします。まだ寝ている私を起こさないようにリビングへのドアを閉めてくれます。暑くない時期だったら気の効いた素晴らしい行為なのですが、真夏にやられると少々キツイです…。あっという間に寝室は灼熱地獄となり、我慢できずに寝室のエアコンに手が伸びます。そして、これがガンガン冷えます。狭い部屋なので寒く感じるくらいに冷えることになるのです。

これですかね…?要はクーラー病というか、やっぱりエアコンの冷気で腰の血行が悪くなって痛むと。体が温まると血行も良くなるから会社につく頃には痛みが引く。辻褄が合いますね。昨年までも同じだったと思うのですが、やっぱり今年は腰の状態が良くないのでしょうか?リハビリが順調とはいえ冷房問題はちょっと注意しないと、と思いました。夏場のエアコン、気をつけましょうね!