[通院日記]腰専門医にサードオピニオンをしてもらった結果…

再発してしまった右腰の強い痛み

前回の[通院日記]でお伝えしましたが、サッカーで少し右腰に痛みが出てしまい、その痛みが治まる前に荷物を運ぼうとして腰に負担をかけてしまい、スポーツ整形通院開始後は順調に回復していた右腰の強い痛みが再発してしまいました。医師に相談した結果、系列の病院に腰の専門医がいるから念のため見てもらうことになりました。この右腰の痛みではサードオピニオンということになります。

[通院日記]やっちまった!腰の痛みが再発した結果…

2018.07.14

意外にもはじめての腰専門医

そしてふと思いました。「この先生、腰は専門じゃなかったんだ…」と。そうです、「スポーツ整形医」と一括りにしてしまいますが、どの部位を専門としているかって医者によって異なるということなんですね。初診の時に先生を選ぶなんてよほどのことがない限りありませんし、受付にドクターのプロフィールがあるわけではありません。症状を伝えてそれに合ったドクターを付けてくれていると思っていましたので、「専門ではない」と言われた時はちょっと意外でした。

調べてみると、私が通っているスポーツ整形には腰専門の医師はいませんでした。今、担当してくれている先生の専門は「膝」を中心とした足の関節全般ということです。さらに以前通っていた整形外科のHPを見てみると当時の担当も同じく「膝」の専門でした。ということは私はこれまで「腰」の痛みで受診していたのにも関わらず、専門の先生には診てもらえてなかったということになりますね。なので、今回紹介してもらった腰専門のドクターにはちょっと期待していました。

腰専門医にサードオピニオンをしてもらった結果…

ということで系列病院の腰専門医に診てもらいました。自宅からはかなり遠方だったので行くまではしんどかったですが、カルテやMRI画像はデジタルデータで共有されていましたので説明は不要でそこは楽ちんでしたね。「どうやって説明しようか」と悩んでいたのでこれは助かりました。系列病院であるメリットだと思います。

かなり丁寧に下半身を診てくれる

いざ診察室に入ると軽く状態を説明した後に、ベッドに寝かされて下半身の可動域を中心に診てくれました。どこをどう曲げると痛くて、どの程度までどこが曲がってというところを診ていていたという印象です。最初の病院も2つ目の先生もここまで丁寧に見てくれてはしませんでした。やっぱり専門外だからなのでしょうか?一通り診終わると椅子に座っての説明です。

痛みの原因わかりました。
え!?マジっすか?
うん、簡単だよ。
あなたの場合ね、右の股関節が普通の人よりかなり固いの。
なるほど。
股関節が固いから衝撃が吸収されなくて腰に負担がかかっちゃってる。だから痛みを感じやすいってこと。
昔、股関節を怪我したこととかなかった?

股関節の怪我?とここで少し考えます。「!!!」ありました!高校生の頃に冬の部活中に股関節を肉離れしたことが!かなり強い痛みでその場で歩けなくなって救急車で運ばれたのです(人生初救急車)。なかなか完治しなくて半年くらい部活ができなかった記憶です。今でもサッカーで左足はぎこちなくてうまくボールを蹴ることができないくらいです。

 

ありました!高校の時に…
やっぱりね。
つまりは「ストレッチで下半身の可動域を増やす」っていう今病院のリハビリ方針は間違ってないと思うよ。
わかりました!ありがとうございました!

腰専門医の診察で自信と安心を得た!

ということで診察結果は変わりなし、リハビリ方針も変わりなしということになりました。この先生はJリーグのチームドクターの経験のあるようですので、スポーツ整形医の中のスポーツ整形医という方になります。さらには腰の専門医です。そんな先生にお墨付きをもらえたということは「このまま続けていけばいいんだ!」という自信になりましたし、かなり丁寧に診ていただけた印象ですので、そういう意味での安心感も得ることができたかなと思います。

そして!サードオピニンを進められた時からこの日まで1週間ほどだったのですが、この間で腰に再発した激痛はほとんど治まっていたのです。通院しはじめの時期だったら、短くても1ヶ月は安静にしていなければなりませんでしたが、その期間が劇的に短くなったということになります。これはリハビリの効果が出ているということなのかな?少しずつ快方に向かっているような気がしてきました!