[日常生活と腰痛]くしゃみで感じる腰の痛みは防ぎようがないの?

くしゃみの衝撃で腰に痛みを感じる!

当たり前ですが、くしゃみは人間の生理現象ですので、誰でもするはずです。花粉の時期だったり、風邪を引いている時はもちろんのこと、ちょっと埃っぽいところに入った時とか、何らかの刺激を鼻の奥の方に受けた時とかにくしゃみは発動されます。私はもともと鼻炎持ちで鼻の奥が敏感なのか、くしゃみが出だすと10回くらい連続で出続けるなんてことも珍しくありません。

くしゃみが出るのを止めるのは難しい!

このくしゃみですが、自分の意思で止めることがなかなか難しいです。くしゃみをしたい時に鼻をつまむと出にくくなったりもしますが、手を離すと出てしまいます。結局はくしゃみを出してしまわないと、鼻のムズムズは収まらなかったりもします。止めるのが難しどころか、出ないと気持ち悪かったりします。だから鼻がムズムズっとした時はスッキリするために多少強引にでもくしゃみを出そうとするくらいですよね。つまり「くしゃみを止める」ってことは人間の構造・仕組的に難しいんだと思います。

で、腰痛の話に戻ります。普段はあまり意識しないかもしれませんが、くしゃみって実はけっこうな衝撃だったりします。くしゃみの反動で体はかなり揺れているのですよ。健常時はそんなこと気にも留めなかったのですが、腰痛になってからそれを痛感しました。なぜなら腰痛を抱えている時にくしゃみをするとその衝撃で腰がものすごく痛むからです。これがけっこうな痛みです。長時間に渡って持続する類のものではありませんが、スマッシュヒット的に「ピキッ!」と痛みます。くしゃみをした後は一瞬動きが止まってしまう感じです。

腹筋に力を入れると少しだけ痛みが和らぐぞ

前述したようにくしゃみは生理現象であって、意図的に出すことはあってもなかなか止めることは難しいです。それは腰痛を抱えているときでも変わりはありません。だから腰痛時に鼻がムズムズっとすると軽く恐怖を感じたりもします。あのスマッシュヒット的な痛みがほぼ確実にやってくるからです。私も最初のうちはそれを真正面から受けとめていました。もうくしゃみの時の腰の痛みはしょうがないのだと。しかしながらある時に痛みを軽減する方法を見つけました。

それはくしゃみの瞬間に腹筋に力を入れるようにすることです。息を留めてお腹をグッと凹ませるイメージですね。痛みをゼロにすることはできませんが、少しだけ和らげることができているような気がします。インナーマッスルや骨盤を支えている筋肉と関係あるのかなあ。メンタル的な影響もあると思います。無防備に衝撃を受けるよりも少し構えることもできますので。腰痛時のくしゃみによる痛みを抑えたい時は腹筋に力を入れてみるのがおすすめです。