[通院日記]やっちまった!腰の痛みが再発した結果…

順調に回復していたのに…やっちまいました…。腰の痛みが再発してしまいました。偶発的な事態が重なった結果とはいえ、不注意だったもの事実です。もう一度最初からやり直しになるかもしれません。

右腰の筋肉の鋭利な痛みの再発

このブログでも再三お伝えしていますが、私はもともと2つの腰痛を抱えています。ひとつは30代半ばから発症した、慢性的な腰全般の痛みです。長時間立っていたりすると痛みが強くなる腰痛です。いわゆる加齢による「腰痛」ってやつだと思います。もうひとつは30代後半に発症した右腰筋肉の鋭利な痛みです。これはサッカーをしてた時の接触時の衝撃がきっかけで出た強い痛みです。これを治して運動に復帰するためにスポーツ整形外科にてリハビリに励んでいたたのでした…

右腰の鋭利な痛みが再発してしまった…

強い痛みが発症してしまった原因とは…?

この痛み、実はこの2年間で2度再発を繰り返しています。まあ、当時は通院はしておらず、ほぼセルフジャッジの放置プレイでしたので、痛い→休む→痛み引く→再発を繰り返していたわけです。これじゃいかんと通院するようになったのです。

今回の痛み再発の原因は2つあります。1つはサッカーです。これは正直調子に乗りすぎました。ここ1-2ヶ月は痛みがほぼ無かったので、自分の中での強度を少し上げてしまったのです。当然スピードを上げることになりますので、そのスピードの中でストップ&ゴーを繰り返したので右腰に痛みが出てしまいました。ただ、この時の痛みであれば、1-2週間安静にしていれば引いたかもしれません。その程度の「ちょっと痛い」くらいのものでした。

台車に乗せた荷物が落ちるのを防ごうとした時に!

読みは当たって2-3日もすると右腰は気にならないくらいにはなりました。結果的に忘れてしまうことになったのでこれも良くなかったのですが…。そんな中、仕事中にちょっと重たい荷物を台車で運ぶ機会がありました。あまり安定感のない荷物だったのですが、少し運ぶ程度だったので手で抑えておけばいいやと。これが2つ目のミスです。ちょっと目を話した時にその荷物が台車から落ちそうになりました。とっさに私は体を動かし受け止めようとします。この瞬間です…。「ピキッ!」と。ああ、やっちまった…。

しばらく動くことはできませんでした。腰の状態が良い時はついつい忘れがちですが、この痛みを思い出しました。そもそも動けなくなるくらいに痛くて医者に駆け込んだのですでした。この日は何とか仕事に復帰しましたが、体を動かすことはほとんどできませんでしたし、脂汗をかいてしまうような状態です。辛かったっす…。こりゃあ1-2週間じゃ治らないなと直感的にわかりました。もうこの数ヶ月のリハビリがゼロになってしまったような気がして絶望的な気持ちになりました。

スポーツ整形外科で相談した結果

その週末に掛かりつけのスポーツ外科を受診し、痛みが出てしまった経緯を説明しました。先生は少し怒ってましたね…。そもそもの発端はサッカーだったので…。大切な時期なのに無理は禁物って言われてましたから。とはいえ状態が後退してしまったのも事実です。ここから先の治療・リハビリ方針を検討するにあたってひとつ先生から提案がありました。

やっぱり痛んでる期間が長いし、別の先生にも見てもらった方がいいかもね

私が通院しているスポーツ整形外科は系列の病院が複数あって、腰専門の先生もいるから一応見てもらったほうがいいんじゃないかということでした。ちょっと遠い病院でしたが、紹介状も書いてくださると言うことだったので見てもらうことにしました。なんとこれでサードピニオンですね。

痛みが再発して症状が戻ってしまったのは事実ではありますが、以前の病院に感じたような病院に対しての不信感はそれほど感じませんでした。というのも「台車事件」から通院まで3日ほどあったのですが、痛みが少し和らいでいたからです。強い痛みが出たものの、それが引く速度が早い気がしました。これってリハビリの効果なんじゃないかなあって。個人的な直感なのではっきりしたことはなんとも言えませんが、とりあえずサードオピニオンを受けてみることにします。